The Grass is Greener

質の高い牧草が健康な乳牛を育てるといっても過言ではありません。フォンテラでは牧草の生育に情熱を注ぎ、専門家から乳牛のために質の高い牧草を育てる方法について助言を受けています。

ニュージーランドは、乳牛がほぼ一年中牧草を食べることができ、ほとんどの時間を屋外の新鮮な空気の中で過ごすことができる、世界でも数少ない場所の一つです。ニュージーランドの気候は、豊富な降雨量と日照量により、健康的で緑豊かな牧草の育成に理想的です。このため、私たちは自然資源を活用した酪農システムを構築し、肥料や飼料の使用を最小限に抑えています。

私たちの乳牛の飼料の約96%は牧草で、一日に約50㎏に及ぶ栄養価の高い牧草を摂取しています。乳牛は健康に育ち長生きし、水やエネルギーなどの重要な資源の使用が少なくなります。

緑あふれる牧草地で放牧される牛

私たちの牛乳はなぜ特別なのか?

青々とした牧草

自然の恵みである青々とした牧草がおいしい牛乳を作ります。ニュージーランドは日照量と降雨量に恵まれていて、一年中乳牛を放牧することができる、青々とした牧草を育ててくれます。

一番低い部類のカーボンフットプリント

ニュージーランドの牛乳のカーボンフットプリントが一番低い部類に入ることが、新しい報告書で明らかとなりました。

ニュージーランドの酪農場のカーボンフットプリントが世界で最も低い部類に入ることが、新たに発表された分析で確認されました。

その他のストーリーはこちら