フォンテラの社員になりすました詐欺メールを受け取ったと思われる場合は、セキュリティチームにメールを転送してください。
 

フォンテラの関係者から、銀行口座の詳細を変更したことを通知するメールや、あなたに別の銀行口座の詳細を要求するメールを受け取った場合、詐欺行為者からのメールである可能性が非常に高いです。 メールに返信しないでください。電子メールに含まれるリンクや添付ファイルをクリックしないでください。メールを受け取った場合、フォンテラのセキュリティチームに連絡してください。

疑わしいメッセージの見分け方
 

フィッシング詐欺の試みでは、詐欺行為者がフォンテラの担当者になりすましてあなたの組織にコンタクトを取ることがよくあります。詐欺行為者は、既知のメールアドレスに類似したメールアドレスを使用することが多いため、一見して詐欺であることを見抜くことが難しい場合があります。

ここでは、詐欺的な通信の一般的な兆候をいくつか紹介します。

  • 見覚えのない連絡先から、銀行口座情報などの機密情報の提供を求められる。

  • フォンテラの従業員または請負業者を名乗る人物から、急な支払いや銀行口座の変更を要求する電子メールや手紙、電話を受ける。

  • 追跡不可能な機関を経由して送金することや、秘密を保持するように要求される。

  • CEO や CFO など、フォンテラのシニアリーダーから直接問い合わせを受ける。

  • あなたが受け取った問い合わせがまったく意味をなさない。受け取った問い合わせのつじつまが合わない。

フォンテラの担当者になりすましたサイバー攻撃により、あなたの組織のビジネスまたは財務情報が漏洩したと思われる場合は、フォンテラのセキュリティチームにご連絡ください。

注記:

Fonterra Co-operative Group Limited およびそのグループ会社の正式なメールはすべて、ドメイン @Fonterra.com で終わり、バラつきはありません。フォンテラの担当者からのメールに返信する際は、必ずこの点を再確認ください。