二酸化炭素排出量全体の主な要因は、農場生産システムからの温室効果ガス(GHG)排出量で、主に乳牛から出ます。反芻動物である乳牛は、消化中にメタンを生成し、主にげっぷによって放出されます。乳牛や施肥された肥料の尿や糞が分解されるため、牧草地からも窒素酸化物が排出されます。メタンと亜酸化窒素はいずれも著しい温室効果ガスであり、乳製品の生産における排出量の大半を占めています。

農場でのその他の排出源には、農場経営や生乳冷却におけるエネルギーと電力の使用、飼料や肥料といった農場投入物に関する排出が含まれます。

水辺の管理


水辺の管理は、水質を改善し、生態系の健全性を高め、生物多様性を改善するための重要な活動です。定められた水路を柵で囲うことで、乳牛が直接水路に排泄するのを防ぎ、河川や小川の土手を乳牛の放牧から保護し、侵食を抑えるのに役立ちます。また、河川や河川の堤防に沿って植栽することで、堆積物をろ過することができ浸食の抑制に役立っています。また、流出した栄養素をろ過し、水を冷やすための日陰を作り、土地や水辺に基づく生物多様性の増加を促します。

2017年5月末時点で、酪農家は酪農場内のすべての恒久的な水路に家畜を入れないという目標を、これらの水路の全長の98.4%を柵で囲い、全交差点の99.8%に橋やカルバート(暗渠)を設置することで、達成しました。この作業は、独自に検査、検証されています。現在、残る数件の酪農家において、未完成な作業を具体的なプロセスに基づいて行っています。

2019-20シーズンの終わりまでに、100%の農場で、文書化された水辺の管理計画が実施されるよう、酪農家と協力して取り組んでいます。計画では、各農場の場所や水路に応じた主要な活動が特定され、水路に長期的な利益をもたらすための植え付けの決定や植物の継続的な保護とメンテナンスの方法が含まれています。

この分野では、当初の計画どおりには進展していません。2017年度末には、文書化された計画を持つ酪農家は4%でした。しかし、持続可能な酪農法アドバイザー(SDA)の指導や、追加で提供されるサービス(農地環境プランを含みます)を通じて、今後3年間で前進が加速されることを期待しています。

土壌の健全性 

土壌は食糧生産に不可欠であり、酪農の成功を支えています。世界的に見ると、土壌は人口の増加、食糧需要の増大、土地利用の競争によって圧迫を受けています。すでに世界の土壌の約33%が劣化しています ¹。この問題に対処するためには世界全体で多大な努力が必要です。

土壌は、国や地域によって様々な課題に直面しています。ニュージーランドでは、圧縮、浸食、土壌炭素の変化が主要な課題です。土壌と農場システム全体との複雑な相互作用を考えると、私たちは土壌の健全性を改善するために統合的なアプローチを取る必要があります。

水質への影響を減らすために、現在、私たちは、酪農家の栄養管理と水辺の管理を支援し、それはまた、土壌の健全性を高め、浸食を減らす方法でもあります。また、業界パートナーとの連携を通じて、土壌の圧縮を減らす酪農の普及にも貢献しています。この取り組みのほとんどは、放牧の制限や例えば冬季の放牧などの土壌が飽和状態になる期間における適切な立ち退きに重点を当てています ²。

¹  FAO, 2016 www.fao.org/global-soil-partnership/overview/why-the-partnership/en/

² https://www.dairynz.co.nz/feed/seasonal-management/winter-management

供給酪農家の生乳は私たちの最大の投入原料です。私たちは、お客様や消費者にお届けする栄養価を最大限に高めるために、サプライチェーン全体の食品ロスを最小限に抑えることに重点を置いています。また、供給酪農家に最大限の利益をもたらし、環境への負荷を最小限に抑えることができます。

製造現場では「食の安全・品質」により、製品を最初から正しく届けすることを目指し、また、加工工程においては「ホエイ」など以前は廃棄物と考えられていた副産物を回収し、新たな価値ある商品にすることを目指しています。

固形廃棄物の大半は製造工程で発生する副産物です。例えば、再利用もリサイクルもできない包装材、破損した製品、個人用保護具などです。

固形廃棄物の埋め立て処分を最小限に抑えることは、ニュージーランドの製造現場全体での長年にわたる環境効率化プログラムの一環です。

数年前に、固形廃棄物の90%を埋立地から転用するという目標を達成することができました。これは重要な成果でしたが、これ以上のことができると考えています。そのため、2020年までに固形廃棄物の埋め立て量を2015年度比で20%削減するという新たな目標を設定しました。

埋め立て廃棄物 (トン)

4,969 

FY15ニュージーランド廃棄物埋め立て処分量 

4,598

FY17ニュージーランド廃棄物埋め立て処分量 

14,382

FY17全世界廃棄物埋め立て処分量 

この目標はニュージーランド国内の拠点に適用されますが、すべての市場への適用が望ましいです。私たちの廃棄物パフォーマンスデータは、過去数年間の多くの市場で未完全です。

 

FY17は初めて、全世界の埋立廃棄物量を集計し報告しました。私たちは、この情報を用いて、強固なベースラインを設定し、グローバルな削減目標を構築する予定です。

ニュージーランドでの目標
 

指標 目標 パフォーマンス 注釈
水路への乳牛の侵入防止 2017年5月31日までに100% 98.4%
本質的に計画が完了し、残りの少数の農家を対象に現在進められている重点的な取り組み
農場の交差点への橋や排水溝の設置 2018年5月31日までに100% 99.8%
1年前倒しでほぼ完了
水路がある農家のうち文書化された水辺管理プランを有する農家の割合 2020年5月31日までに100% 4%

現時点ではすべてのデータが得られておらず、進捗状況は報告できるよりも優れているが、進捗状況は計画よりも遅れています。

取り組みは他の分野でも優先されており、農場環境プランのような新しいツールとサービスにより、今後の進歩は加速される見込みです。

重要な取水に水道メーターを備えた農場 2020年までに85% 51%
順調に推移
栄養素管理の報告とベンチマーキングに参加している農家 2015年11月30日までに100% 95%
これを達成するための必要な取り組みは当初過小評価されていたが、急速に伸び、現在は目標に近づいています。
農場環境プラン 2025年末までに100% FY18 新しい取組み これは新たな取り組みで、FY18中に1,000戸での導入を目標にスタート