ニュージーランド産グラスフェッドバターを使った製品開発コンクール 「フォンテラグランプリ2020」ブレッド部門優秀賞受賞作品が一般発売開始!

ブーランジュリー グランオム(小嶋 慎一郎氏)「Beurre et Cassis (ブール・エ・カシス)」7月17日より店舗で新発売!(1個 1,080円(税込))

ニュージーランド(NZ)乳業最大手フォンテラ酪農協同組合の日本法人であるフォンテラ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:斎藤 康博)は、ニュージーランド産グラスフェッドバターを使った製菓・製パン製品開発コンクール「フォンテラグランプリ2020」を実施しました。

ブレッド部門で優秀賞を獲得したブーランジュリー グランオム 小嶋 慎一郎氏の作品 「Beurre et Cassis(ブール・エ・カシス)」が、来る7月17日より、富山県高岡市内の『ブーランジュリー グランオム』で発売されます。

製パン世界大会で上位入賞した当グランプリの審査員が「優秀賞」に選んだ逸品をご家庭で味わえます。

 

商品特長:

グラスフェッドバターの味、香りを楽しめるハード系に仕上げました。模様はオールブラックスのエンブレムにも使用されニュージーランドの象徴のシルバーファーンです。

Beurre et Cassis(ブール・エ・カシス)(1個 ¥1,080 税込)

 

少し酸味のあるカシスにグラスフェッドバターの優しい口当たりと香りが良いハーモニーとなっています。

そのままでも美味しいですがチーズ、ワインと合わせるなど幅広いシーンで楽しめます。

小嶋 慎一郎氏       

ブーランジュリー グランオム

 

【店舗情報】

ブーランジュリー グランオム

住  所:〒933-0928 富山県高岡市守山町38-1

(片原町駅から徒歩5分)

電話番号:0766-22-1688 

営業時間:11:00~19:00

定休日 :火曜・水曜

▼フォンテラグランプリ2020実施風景が動画で視聴できます。

(アドレス)https://www.youtube.com/watch?v=jnzpalNfQpA

 

【サステナブルなグラスフェッドバター】

ニュージーランドは温暖湿潤な気候に恵まれ、放牧酪農というサステナブルな酪農方式ができる数少ない国の1つです。

牛たちは牧草地を移動し草を食べ、糞尿は土の中の微生物や虫が分解し土に還る、そんな循環型の「放牧酪農」がニュージーランドのほとんどの農場で行われています。

また、肥沃な大地や十分な日照時間、降水量のおかげで、他の国に比べて少ない肥料で良質な牧草を育てることができるため、穀物飼料を輸入し酪農業を行う国に比べると少ないカーボンフットプリントでの酪農が可能です。

主要生乳生産国18か国を対象にした調査によると、ニュージーランドの酪農場での温室効果ガス(GHG)排出量が一番少ないという調査結果が出ています。*1

フォンテラでは、経営戦略の3つの柱の一つに「Healthy Environment(健全な環境)」を掲げ、農場から消費者に届くまで一貫したサステナブル(持続可能)な酪農への取り組みを徹底しています。フォンテラのニュージーランド産グラスフェッドバターは、このようなサステナブルな酪農から作られています。

*1 Dairy NZ  New research shows New Zealand dairy farmers have the world’s lowest carbon footprint – at half the emissions of other international producers.

 

【グラスフェッドバターとは】

放牧酪農で育てられた牛からとれる生乳(グラスフェッドミルク)は、一般的に穀物飼料で生育した乳牛からとれる生乳に比べより多くの共役リノール酸(CLA)やβ-カロテン、ビタミンDが含まれていると言われています。フォンテラの契約酪農家が育てる乳牛は約97%*2の時間を牧草地で過ごし、ストレスフリーな環境で良質な牧草を食べて育ちます。*3 成長ホル モンの使用も一切ありません。このようなグラスフェッドミルクを使って作られたバターが、グラスフェッドバターです。(季節的要因により補助的飼料を与える場合があります。)

*2 搾乳時間及び搾乳場への移動時間を除いた時間を母数とし、そのうち牧草地で過ごす割合を指します。過去3シーズン(2016-2019)の平均値です。

*3 季節的要因により補助的飼料を与える場合があります。