「ニュージーランド・北海道酪農協力プロジェクト」  札幌結果報告会を7月6日札幌市で開催 酪農の未来を語る 放牧勉強会同時開催

 

フォンテラジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:斎藤 康博)は、ニュージーランド・北海道酪農協力プロジェクトの結果報告会と放牧勉強会の開催をお知らせ致します。

 

○ プロジェクト結果報告と放牧酪農の可能性

日時: 7月6日(金)13:30~17:00

場所: 札幌市中央区北3条西7丁目第2水産ビル8階BC会議室電話011-281-2071

          *駐車場はご用意していませんので、公共交通機関をご利用願います。

講演

    ニュージーランド大使館第1次産業省キャロリンガイ参事官

                   「北海道とNZの交流関係について」

    フォンテラジャパン株式会社

                    羽田健一執行役員営業本部長、

                    鈴木康雄経営戦略室ゼネラルマネージャー

                    「放牧酪農の可能性と北海酪農支援の意義」

   ファームエイジ株式会社

                    小谷栄二代表取締役

                    「これからの放牧酪農について」

    キースベタリッジ(メインコンサルタント)

                    「調査結果報告と北海道酪農の可能性」

         

○ 道東地区ディスカッショングループ(放牧勉強会)

日時:7月9日(月)10:00~12:00

場所:酪農王国浜中町姉別南370

○ 道北地区ディスカッショングループ(放牧勉強会)

日時: 7月11日(水)13:00~15:00

場所: 高原牧場天塩町字サラキシ305-3

講師:キースベタリッジメインコンサルタント

          現地結果報告会と今後の取り組みについて


■ニュージーランド・北海道酪農協力プロジェクトとは

日本の酪農の収益性を向上させる方法を特定することを目的として、ニュージーランドの専門家による北海道の放牧の調査をこれまで行ってきました。
本調査はニュージーランド政府、ファームエイジ株式会社、フォンテラ社からの資金提供により日本の酪農家と提携し、北海道庁およびホクレン農業協同組合連合会の協力のもとで行われています。