Fonterra (Japan) Limited

フォンテラ ジャパン株式会社

Dairy for Life - フォンテラが掲げる理念です。
私たちの提供する製品が、命を育み、生活に身近に関わり、人生を豊かにする存在でありたいという願いを込めています。私たちは、乳原料を販売するだけの会社ではありません。消費者の毎日の笑顔を思い描きながら、食品会社、外食産業のパートナーとして、マーケティング活動やソリューション提供も行っています。

会社概要

会社名       

フォンテラ ジャパン株式会社

英文表記名

Fonterra (Japan) Limited

代表者        

代表取締役社長 斎藤 康博

所在地 

〒108-0075 東京都港区港南2-16-2 太陽生命品川ビル25階

設立         

1982年4月

資本金          

400,000,000円

株主構成 

日成共益株式会社 50%         New Zealand Dairy Board (Fonterra Co-operative Group Limited 100%子会社) 50%

取扱商品

ナチュラルチーズ、バター、脱脂粉乳、カゼイン、カゼイネート、ホエイタンパク、調製食用脂、粉乳調製品、乳糖、その他乳製品

 

概要

・フォンテラは、世界で5本の指に入る乳業メーカーであると共に、ニュージーランド最大の企業であり、世界最大の乳製品輸出企業でもあります。

・ニュージーランド国内においては、酪農家10,000戸が株主となっている酪農協同組合です。

・全世界の従業員数は約20,000名、そして売上高は日本円換算で約1.5兆円です。

・130カ国以上に乳製品を輸出しており、ニュージーランドの輸出総額の約25%を占めています。

・フォンテラの生乳取扱量は世界全体で約2,000万トン、これは日本国内の総生乳生産量の約3倍の規模です。

・フォンテラ ジャパンの取扱量は年間約13万トン。日本への輸入シェアは、チーズ約25%、乳タンパク約40%を占めています。 

・フォンテラ ジャパン株式会社は、フォンテラの日本法人です。

(2019/2020会計年度現在)

沿革

1957年

日成共益株式会社とニュージーランド乳製品販売委員会 (ニュージーランド・デイリー・ボード (NZDB) の前身) との間で、ニュージーランド産カゼインに関する最初の年間供給契約を締結。

 

1958年

日成共益株式会社が、ニュージーランド乳製品販売委員会とニュージーランド産カゼインに関する日本国内における専属的販売契約を締結。

株式会社野澤組が、ニュージーランド産チェダーチーズを日本に初めて輸入。

 

1970年

日成共益株式会社が代理店となり、調製食用脂の輸入を開始。

 

1975年

日成共益株式会社とNZDBがWPC75%を共同開発し、日成共益株式会社がWPCの代理店となる。

株式会社チーズパックが、NZDBと株式会社野澤組との合弁会社として設立される。

 

1981年

株式会社チーズパックが、株式会社ニュージーランドミルクプロダクツ (NZMP) に会社名を変更し、NZDBの100%子会社となる。

 

1982年

 

1999年

NZDBと日成共益株式会社との合弁会社として、日本プロテン株式会社が設立される。

 

株式会社ニュージーランドミルクプロダクツが株式会社エヌ・ゼット・エム・ピー・ジャパンに会社名を変更。

 

2000年

日本プロテン株式会社と株式会社エヌ・ゼット・エム・ピー・ジャパンが合併し、株式会社日本エヌ・ゼット・エム・ピー (日本NZMP) 設立。

 

2001年

ニュージーランド国内で、酪農業界再生法 (DIRA) が施行され、NZDB、ニュージーランド・デイリー・グループ (New Zealand Dairy Group) 、キウイ・コーオペラティブ・デイリーズ・リミテッド (Kiwi Co-operative Dairies Limited) の3つの酪農協同組合が合併し「フォンテラ (Fonterra) 」が誕生。

 

2003年

株式会社ミルク・プロダクツ・ジャパン (フォンテラブランド株式会社の前身) に、日本NZMPのフードサービスおよびコンシューマー製品の営業権を移譲。

 

2004年

日本NZMPが、現社名である「フォンテラ ジャパン株式会社」に会社名を変更。

 

2006年

One Fonterra の象徴として、フォンテラのロゴマークである「Dairy for life」を導入。

 

2009年

現在の所在地である、東京都港区港南二丁目16番2号に移転。

 

2016年

フォンテラ ジャパン株式会社がフォンテラブランド株式会社を吸収合併。

 

世界最大の乳製品輸出企業

フォンテラは、10,000戸の酪農家によって所有された酪農協同組合で、ニュージーランド最大の乳業会社です。また、世界最大の乳製品輸出企業として、粉乳、バター、チーズ、乳タンパクなどを130を超える国々に販売し、世界の乳製品貿易市場をリードしています。

ニュージーランド国内において年間約1,800万トン、国外でも約200万トンの生乳を処理しています。また新興国で急増している乳製品の需要にこたえるため、現在ではヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、他地域から乳製品を調達し、必要とする市場に最適な製品を提供しています。

フォンテラジャパンはフォンテラの日本法人として、乳原料を通じて、日本の食卓へ、おいしく安心・安全な乳製品をお届けしています。

チーズと乳タンパクを日本へ

ニュージーランドのチーズや乳タンパクが初めて日本に紹介されたのは、1950年代にさかのぼります。半世紀以上にわたって、ニュージーランドの乳製品は日本のお客様の支持を得て順調に販売を拡大してまいりました。フォンテラ ジャパンは2000年に前身の2社が合併し、日本での販売、マーケティング会社として設立され、これまでチーズや機能性乳タンパク、粉乳調製品などを中心に日本の乳原料ビジネスをリードしてまいりました。現在ではフォンテラ ジャパンの取扱量は年間約13万トン、日本のチーズの約25%、乳タンパクの約40%のシェアを占めるに至り、ナチュラルチーズやニュートリション市場では確固たる地位を築いています。

パートナーシップを深める

新興国の乳製品需要が年々増大する中、世界の乳原料市場は需給バランスの崩れが頻繁に起こり、その構造が大きく変わってきています。そのような中でフォンテラ ジャパンは、日本のお客様の長期的な原料調達の安定を目指し、長期契約、製品の共同開発、海外展開の支援などのパートナーシップを深める取り組みを進めています。

市場のニーズや変化をとらえたソリューション提案

成熟化する日本の食マーケット。そこでは、全く新しい食生活の提案や、消費者ニーズに基づいた商品開発が一層求められます。フォンテラジャパンは市場のニーズや変化に対応するために、原料販売を超えたソリューションを提案しています。 マーケティング、研究開発部門と緊密に連携しながら、お客様の新商品開発のための提案、サポートをしていきます。

最先端の研究開発能力

フォンテラの研究開発拠点はニュージーランド北島のパーマストンノース市。1927年の設立以来、世界トップクラスの研究者たちが乳の基礎研究から製造技術、応用開発の分野で研究開発に取り組んできました。「乳に含まれるすぐれた栄養価を、世界中の全ての消費者に届けたい」との願いから、フォンテラはこれまで90年以上培ってきた科学的知見や技術ノウハウを駆使し、消費者ニーズをとらえた商品開発を行っています。この流れを受けて、フォンテラ ジャパンでは、高齢化や健康意識の高まりで多様化する日本の消費者の栄養ニーズにこたえるために、研究開発、マーケティング、営業部門が連携を深め、新しい市場への取り組みを始めています。